カミソリ脱毛のコツ〜ブツブツ毛穴にならない方法〜

カミソリ脱毛の頻度

・ 生理中、直前直後は肌が敏感になっているので避けましょう
・ 2週間に1〜2度程度にとどめる。毎日行うのは避けましょう
・ 体調不良時は肌の抵抗力も落ちているので避けましょう

毛の処理方法

カミソリの剃る方向は、「上→下」です。けっして下→上ではありません。

カミソリ脱毛のポイント!

ムダ毛処理用のジェルやシェービングフォームを使おう!

お風呂場でカミソリ脱毛をすれば、肌も柔らかくなっているので毛穴も開いて石鹸やボディソープを使って脱毛できるかもと思っている人は多いかと思います。

ボディソープは、肌がふやける要素である、界面活性剤が入っている事がほとんどで、肌がふやけた状態でカミソリを使うと、赤みを作る原因となりますので注意が必要です。

できれば、ムダ毛処理用のジェルやシェービングフォームなどを用意することをおススメします。

カミソリの刃は頻繁に替えて予備も準備しておこう

切れ味が悪くなったカミソリや、風呂場に置きっぱなしになったカミソリは、お肌を簡単に傷めてしまいます。

カミソリの刃は出来れば常に新しい物を使用し、数回使用してから取り替えましょう。毎回、予備を用意しておき、事前に傷んでいないかチェックしてから使いましょう。

浴室ではなく、室内でムダ毛処理をしよう

風呂場は、湿気が多く、カミソリの刃も雑菌がつきやすいのです。その雑菌の繁殖したカミソリを使い続けると、少しの切り傷から菌が入り、赤みをつくる原因になります。出来れば浴室ではなく、室内で処理をするようにしましょう。

ムダ毛の処理を始める前に、

・「蒸しタオル」で毛穴をしっかり広げる
・石鹸ではなく、専用の「シェービングクリーム」を塗る


そして、カミソリ脱毛をしたら冷たいシャワーで「クールダウン」して炎症を起こさせないようにしましょう。(カミソリ負けを防ぐため)

ムダ毛処理のアフターケアは、「入浴」は避けましょう。(毛穴から菌が入る可能性が高まるから)剃った後の肌は乾燥しやすいから、しっかり保湿!して下さい。

アルコール入りの化粧水(刺激が強いから)ではなく、「アルコールフリー」のものを使いましょう。オススメは美白効果の高い「美白化粧水」です。

色素沈着の原因にもなる「メラニン」を防ぐために「美白化粧水&乳液」をたっぷり使ってケアをしましょう。

埋没毛で毛穴が黒くざらついている人は、お肌に刺激を与えすぎないスクラブやピーリングで埋まっている毛が出てくるのを促すのも効果的です。この場合も、アフターケアの保湿を忘れないようにしましょう。

↓↓↓【Web限定】ラットタット(rattat)の全身50部位脱毛初月0円はこちらから↓↓↓




ひまわり証券でFXを